包茎手術の痛みや不安をまるっと解決!はじめての包茎手術

これから包茎手術を受けるという方にとって、包茎手術の痛みはどのくらいなのか不安に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。包茎手術中の痛みの程度はどのくらいなのか、術後は痛みが残るのかなど、様々な不安をお持ちのことでしょう。

陰茎部分は皮の部分を手術するので、細胞が集中している部分であるため、ある程度の痛みはあります。しかし麻酔をすれば、ある程度抑えることが出来ます。麻酔注射の針を刺す痛みに耐えられない方は病院によっては無痛治療に取り組んでいるところもありますので、こうしたところで手術を行うとよいです。

包茎手術中は麻酔をするのでほとんどなし

包茎手術中の痛みに関しては、手術中は麻酔をするため、ほとんどありません。
ただ麻酔を打つ際には、皮膚に注射をするため注射針の痛みが一瞬ですがあります。
麻酔注射は陰茎の根本の5か所程度に注射をしますので、麻酔時の注射が辛いという方もいらっしゃるかもしれません。
クリニックによっては、麻酔注射の前に、テープやスプレー、ゼリーなどを使って痛みを軽減させることが可能ですが、全くなくなるというわけではないですが、少しでも痛みをなくしたいという方は医師に相談されるとよいでしょう。
麻酔の痛みに配慮してくれるクリニックでは、髪の毛程度の極細針を使用して行うこともありますし、静脈麻酔で眠くなる薬を打つという方法もあるので、寝ている間に手術を完了させることも可能です。
手術中に機械の音を聞くのは堪えられないという方や、意識がある中で切られてしまうのは嫌だという方は、寝ている間に包茎手術が出来る動脈麻酔が適しているかもしれません。
シールを使用したシール麻酔などもありますので、注射針の痛みに耐えられないという方は相談されるとよいでしょう。
手術中は、麻酔で痛みを感じなくなっているためほとんどありません。

包茎手術後の痛みはどのくらい続くの?

包茎手術後の痛みは、個人差がありますし、手術の内容によっても違いがあるでしょう。
針でつつかれる程度の痛みが数日間続きますが、この程度の痛みであれば我慢できます。ただ勃起をした時に、突っ張ったような違和感を感じることがあります。
気になる方は手術後、痛み止めが処方されますので、痛み止めを服用することで抑えることが可能です。勃起をするときに痛みを感じるため、勃起を抑制する薬もありますが、副作用もありますので医師と相談されるとよいでしょう。
包茎手術の方法には色々な方法がありますが、亀頭下環状切開法や切らない包茎手術であれば痛みの程度は軽く済みます。
通常の環状切開法や亀頭直下切開法、バックカット法や背面切開法などの場合、我慢できない痛みが残ることもあります。
手術後の痛みを最小限に抑えるためには、体のダメージを出来るだけ抑えることが出来る手術方法を選ばれるとよいです。
包茎手術を専門的に行っているクリニックでは、開業年数も長く実績数も多いため、安心して手術を受けることが出来ますし、痛みに配慮した包茎手術を受けることが可能です。
痛みや腫れなどのトラブルを回避するためにも、クリニック選びは重要ですので、出来るだけ信頼できるクリニックで行うことが重要になります。

手術後は安定した生活を送りましょう

包茎手術を行った後は、患部が安定するまでは数日かかります。
痛みや腫れなどの陰茎部のトラブルを防ぐためにも、安定した生活を送ることが重要になります。
包茎手術終了後は、からしやワサビ、生姜、コーヒーなどの刺激のあるものは摂らないようにしましょう。
包茎手術をしてから1週間程度は、患部を出来るだけ刺激せず、締め付けないためにも、ジーンズなどのピッタリとしたズボンは止めておく必要があります。
自転車も陰部を刺激しないために、2週間程度は乗らない方がよいです。
入浴は患部に雑菌が入るため、2週間程度は控えます。手術当日と翌日はシャワーを控えなければなりません。手術の翌々日からシャワーを浴びることが出来ますが、患部にビニールなどを被せて濡れないようにしましょう。
手術後は1週間アルコールは控えます。
包茎手術は、外科手術であるため、術後は医師の指導通りの生活を送るようにしましょう。無理な行動や不安定な生活をすると縫合した傷口が開くこともありますし、痛みや腫れなどが出てくることもありますので要注意です。赤く腫れてしまったり、痛みなどがある場合はすぐに手術を行った医療機関で診てもらうことが大切です。

まとめ

包茎手術は陰部に関わる手術ですので、多少の痛みが伴いますが、局部麻酔をするため手術中は何も感じません。麻酔時の痛みが我慢できないという方は、医師に相談するとよいでしょう。極細の針を使用したり、静脈麻酔をする方法があります。
手術方法によって痛みにも違いがありますので、どのような手術法で行うかもよく医師と相談されて決めるとよいかもしれません。実績数の多いクリニックで行うとよいでしょう。
包茎手術後の生活も、医師の指導を守り、安定した生活を送ることです。
腫れや赤みなどが出た場合は、包茎手術を行った医療機関で相談をしましょう。