不安解決」カテゴリーアーカイブ

包茎手術の翌日に痛み…原因とは

包茎手術の翌日に痛みを感じる原因はコレ!

真性包茎による雑菌の繁殖や臭いの問題を取り除くには、包茎手術を受けるのがもっとも効果的な方法です。包茎手術は美容外科・形成外科・泌尿器科で受けることが可能で、手術としては非常にリスクのない簡単なものです。

手術時は必ず局所麻酔下でなされるため、包茎の原因となっている皮膚を取り除く際も痛みを感じることはありません。ところが、包茎手術の翌日に亀頭並びに陰茎全体に痛みを感じるという方が多く、この時に服用する鎮痛剤を処方されます。

なぜ包茎手術後の翌日に痛みが伴うのか、その原因は術後の傷を縫合しているからです。包茎手術の場合、「切開法」という手技を用いて亀頭に深さ約5mmの傷をメスで付けます。これにより包茎の原因となっている皮膚を取り除けるのですが、その傷は縫合して皮膚がくっ付くまで1週間待たないといけません。

術後の翌日はまだ傷が塞がっておらず強い痛みを伴うものですが、当日はまだ麻酔の効果が残っているので感じ難くなっているという訳です。

包茎手術翌日の痛みを軽減する方法

包茎手術はもちろんのこと、外科手術を受けた際は翌日に患部の痛みを感じるものです。しかし、陰茎に痛みを感じるのは不快であり、中には痛みに耐えられない方もいらっしゃるでしょうが、鎮痛剤を服用することでその痛みを緩和することが可能です。

さらに、鎮痛剤の服用以外でも日常生活のある部分を工夫・改善することで痛みを緩和させられます。刺激物を食べない・アルコールを控える・下半身を冷やさないの3点で、これらを包茎手術翌日から抜糸するまでの1週間は心掛けるようにしましょう。

刺激物を食べると頭の海綿体に刺激が伝わり、神経伝達物質にシナプスが愛量分泌されます。これにより感覚が優れてしまって、痛みを感じやすくなるという訳です。

アルコールは血流量を増やすので傷口の血流量も増えて痛みを増幅させます。身体が冷えるのも血流量を増す原因になるため、下半身を冷やさないようにすれば体温が下がるのを防ぐことが可能です。

まとめ

以上、包茎手術翌日の痛みの原因と、痛みを緩和する方法でした。包茎手術そのものは麻酔下でなされるため終始、痛みを感じずに受けられます。ところが術後の翌日は局所から麻酔効果が抜けるため傷口の痛みを直接感じることになります。

医師が処方する鎮痛剤を服用すれば、数時間の間は痛みを感じることはありませんが、さらに日常生活の一部分を工夫すれば、より効果的に痛みという不快感を和らげて抜糸までの期間を過ごせるようになります。

包茎手術の痛みが気になったら相談しよう

包茎手術の痛みが気になったら相談がおすすめ

包茎手術の痛みが気になったら、手術をしたクリニックに早めに相談をするのがお勧めです。包茎手術は、性器というデリケートな部分の治療ですので、術後は痛みが出やすいのが特徴です。そのため、抜糸をするまでは安静にすることが重要となります。

安静にしていても違和感があったり、いつもと違う感じがするときには何か問題が起きているかもしれないので、包茎手術を執刀したドクターに相談するのが良いでしょう。クリニックによっては、無料でいつでも電話相談できる所もありますので心配な方はそうしたところを選んでおくと安心です。

包茎手術は、麻酔を使って行うので痛みには配慮されたものになっていますし、安静にすることで予後も良くなります。少し違和感があってもそのうち無くなるケースが多いので、様子を見て良さそうならそのままでも大丈夫ですが痛みが続くようなら早めに連絡をして、相談の機会をもうけるのをお勧めします。

包茎手術自体は痛みに配慮されている

包茎手術というと、痛みが心配という人もいるかもしれません。でも、手術自体はデリケートな部位だけあって、痛みに配慮した治療になっていますので大丈夫です。麻酔を行いますので痛みは感じませんし、どちらかというと術後に変化があるのでその部分に違和感を覚えたり痛みが起こることがあります。

痛みは全ての人にあるわけではありませんが、続くようならドクターに相談をした方が安心です。早期に対応することで、悪化を防ぐことができますし通常の部位と違って性器はとてもデリケートなので、少しの痛みでも気になるためです。

自慰行為などをしなくても痛みが長引くようなら、何らかのトラブルも考えられます。信頼できるドクターに相談すると、きちんとした対応が得られますのでそうしたことも考慮してクリニックを選ぶのが良いでしょう。アフターフォローに無料で対応していて、真摯に向き合ってくれるドクターなら安心して依頼できます。

まとめ

包茎手術の痛みが気になったら、執刀をしたドクターに相談するのがお勧めです。一般的には、長く続く痛みはそれほど多くはありませんが、何らかのトラブルが生じる可能性も医療行為なのであるのが実情です。

そんな時には、気になる症状をドクターに相談することで安心することができます。そのままにしておいてよいのか、何らかの処置が必要なのかの意見を聞くためにも早めに相談をしましょう。電話やメールで対応しているので、お勧めです

包茎手術の痛みや突っ張りが自然に戻るまでにかかる期間

初日から2日目はどのようになっているか

包茎手術をする場合には、メスを入れることがほとんどになりますが、この場合には痛みが伴わないように麻酔をするのが基本になります。術後に関しては、1時間半から2時間ほど経過すると麻酔も切れてきますので、痛みが出ることもありますが基本的に腕の良いクリニックの場合には包茎手術で痛みが伴う事はあまりないでしょう。

また突っ張りなどが出てくることもありますが、これは自然治癒によって治ることがほとんどになります。包茎手術をした場合、わずかな痛みや突っ張りがなくなるまでの期間にどれぐらいかかるかが問題になりますが、一週間はかかります。

まず初日は安静にしていなければいけません。もちろん歩いたり座ったりする事は問題ありませんが、ランニングなどや激しい運動は避けなければいけません。

包茎手術の2日目は、シャワーを浴びる事はまだ難しいにしても、体を拭くことぐらいは可能になります。そのついでに陰部の周りも拭いておきましょう。2日目はまだ多少痛みが残っている可能性があります。

3日目から7日目はどのようになっているか

3日目から7日目は、基本的に強い痛みが伴わなければそのまま自宅で静かにしている必要があります。仕事に行く必要がある場合も、可能な限り走るのは避けるべきです。1週間もすれば、概ね自然に痛みや突っ張りがほぼ消えて傷口がふさがっていますが、それでも油断は大敵といえます。

夏場の場合でも、それ以外の季節でも定期的にお風呂やシャワーなどを利用したいと感じるかもしれません。傷に関しては、3日目以降から利用しても問題ありません。しかしお風呂の場合は、血流が良くなってしまい傷口がふさがっていない時はそこから血液が出てしまう可能性があるため、その場合もう一度治療することが必要でしょう。

シャワーを浴びる場合も、激しい痛みや突っ張りがないならば包茎手術をした箇所はあまり無理に洗わなくても問題ありません。軽くタオルを当てる程度で充分です。

包茎手術から1週間以上経過した時、再び病院に行き抜糸をすることになりますが、それまで痛みやつっぱりなどがひどくなければそのまま日常の生活に戻っても問題ありません。

まとめ

包茎手術をする場合には、痛みやつっぱりなどの問題が出ます。ただ多くの場合麻酔が切れたとしてもすぐに激しい痛みが伴いつっぱりが出るような事は考えにくいでしょう。もしそのような状態になってしまった場合には、可能な限りすぐに治療したクリニックで診てもらうことが必要になります。

最初のうちは、痛みなどが多少残るかもしれません。包茎手術をしてから二日間はお風呂シャワーは避けた方が良いです。3日目以降からシャワーは良いですが、7日目ぐらいには痛みも消えてしますので、普段通りの行動で問題ありません。

包茎手術に痛みは付きもの?治療が必要になる症状とは

包茎手術が必要となる症状は様々です

男性の大きな悩みの一つとしてあげられるのが、包茎手術を受けるかどうかということではないでしょうか。自分の陰茎が他人の状態と異なっているかどうかを直接見て比べることは現実的ではありませんので、ウェブサイトなどを活用して情報を収集していくことが大切です。

つまり適切な情報源を有していなければ、ご自身のペニスの状態が包茎手術を必要としているかどうかは判断が難しいということとなります。そのためにも包茎について説明があるウェブサイトを活用し、痛みの少ない包茎手術を実施しているクリニックを比較検討してみることがお勧めです。

一般的には包皮が勃起したときに剥けて通常は皮を被っている仮性包茎、勃起しても包皮が剥けない状態である真性包茎の2つがよく知られており、包皮の出口が狭く勃起時に陰茎が締め付けられて痛みが出るタイプの包茎もよく見られます。いずれの場合にも包茎手術によって状態を改善できますので、ぜひ検討をしてみてください。

適切な包茎手術を受けて自信をつけましょう

包茎で困ったという経験のお持ちの方は、ペニスから悪臭がしてくることを挙げる方が多くいらっしゃいます。常に包皮で包まれた状態となっていると、尿や汗や精液などが溜まっていき雑菌の繁殖が見られるようになります。

このことでトイレのような鼻を刺激する強い悪臭の発生に繋がってしまい、大きな問題となってしまいます。包茎手術で常に剥けている状態にすると、清潔に保ちやすくなりますので悪臭の発生も抑えられるようになります。また、見た目上の問題も改善できます。

いざというときに包茎のペニスを見せることに恥ずかしさを感じてしまう人も多いもので、しっかりと剥けている状態を保てる包茎手術を受けることで自信がアップすることが見込まれます。

包茎手術を実施している多くのクリニックでは、高度な手法が研究され、痛みも少なくて済む方法での治療が可能です。包茎手術は痛いものだという認識を持っている人は、ぜひ一度専門の情報サイトで痛みの少ない包茎手術が受けることができるクリニックの情報を確認してください。

まとめ

誰もが包茎手術を受けることに関しては、多少の不安や戸惑いがあるものです。しかし現在のペニスの状態が気になる場合や勃起時に痛みがある場合など、包茎手術ですっきりと状態を改善できる可能性が高まりますので、まずは各クリニックの情報について比較検討してみましょう。

費用面や利用した方からの評価、痛みの少なさなどの多くの側面から情報を精査して、ご自身に合ったクリニック選びとなるように専門情報サイトを活用してみませんか。